病院で処方されます|強い効果で不安解消、抗不安薬デパスで心の平穏を

病院で処方されます

指でつまむ薬

通販による個人輸入を利用することによって、様々な抗不安剤を処方箋無しに購入することが可能になっています。
抗不安剤・抗うつ剤という薬の総称や治療できる症状、日本人特有の周りの目が異常に気になるという性質上、自分は薬を飲まなければ毎日が不安で仕方ないと人に知られたくないと思ってしまい、薬を通販で購入し、自宅で服用し治療している人が多くいます。
そして、そういう人のためにデパスも個人輸入を利用して購入することが可能でしたが、薬事法の改正により現在デパスは個人利用であっても輸入することを禁止され、病院で専門医の診察を受けた上で処方してもらわなければ服用できなくなりました。
そのため、現在医薬品専門サイト等ではデパスの販売ページが表示されていない若しくはページ内で販売できなくなった旨が記述されています。
しかし一部のサイトでは現在も販売を行っている場所があります。
そのようなサイトで販売されているものは薬効の無い偽薬や粗悪品、場合によってはもっと危険な薬物が販売されている可能性があるため、購入できたとしても買わず、きちんと専門医の診察を受けて必要な分量を処方してもらうようにしましょう。
また、過去に通販で購入した薬を服用していたが、購入できなくなった結果服用できなくなり、そのことによる強い不安や苛立ちを感じている場合、副作用である依存症場が出ている可能性があるため、その際も専門医の治療を受けるようにしましょう。